ワークマン/新作厚底シューズ「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」試しに購入し普段履きで使用したのでその使用感の報告になります。参考になれば幸いです。

便利?!な情報たち

ワークマン/新作厚底シューズ

「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」

試しに購入し普段履きで使用したのでその使用感の報告になります。参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

*ワークマン通販サイトのリンクです。

 

 

アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール

ワークマンさんの厚底シューズに新作が登場したとの情報を聞き購入していました。

なお個人的には前作の「アスレシューズ ハイバウンス」愛用しています。

数日ですが普段履きで使用しましたので使用感の報告になります。参考になれば幸いです。

 

 

 

*上は去年から発売しているアスレシューズハイバウンス

 下は先日販売開始した新作アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソールです。

 

 

 

 

今作の写真各種

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真を見ればわかると思いますが、今作のつま先が反っています。前作に比べ角度がある反り具合ですね。

今作のコンセプト「履くだけで前に進む靴」ということで前への推進を考慮した結果のようです。

 

つま先は幅広で指の圧迫はありません。つま先の反りに角度があるので最初は少し戸惑いますね。

 

 

履き口ですが前作はゴム状でした

*下は参考写真

 

今作は普通になっておりより普通のスニーカーに近い形です。

 

 

 

上は今作、下は前作

 

 

足底の裏面のすべり止めは今作はポイントポイントになっていますね。

このすべり止め前作は意外と重宝しました。

 

 

 

 

履いた感想

今作は「かかとにはよりクッション性の高いBounceTECHを搭載。前部にはより反発力を生みだすBounceTECHを搭載。」とのこと。クッション性は◎。

確かに少し前に進む感じはありますね。

普段履きで何度か数キロは歩きましたが、かかとが高いのは前作で慣れていましたが、つま先の反り具合が違和感が意外とありますね、慣れれば推進を感じるのでしょうか。少し慣れがいる気がしました。

つま先は幅広で指が遊べますがこれは賛否あるかもしれませんね。フィットが好きな人もいるとお思うので。

前作は履き口がゴムだったため履きやすさがありますかね。今作はその部分は普通のシューズ形式ですね。

 

なお重さはどちらも240gとまずまず軽量。通気性はどちらも良好です。

なお今後意見は変わるかもですが今の段階では個人的には今作はランニング、前作は普段履きにしようかと思います。

 

なお前作も今作もどちらも¥1,900という安価なのが嬉しいですね。前作のアスレシューズハイバウンスも新色がでたそうですしまた買い増そうかな。前作は何足か購入しているぐらいは使い勝手の良い靴だと思います。

 

 

 

以上簡単にですが写真と報告でした。

少しでも参考になれば幸いです。

コメント