初めての自作PC「2021年上半期は購入に少し待った方が良い理由」まだまだ初心者の域である自作パソコン組み立てですが個人的に2021年上半期は「少し待つ」「今ではない」方が良いと思う理由を記載しました。

便利?!な情報たち

初めての自作PC

「2021年上半期は購入に少し待った方が良い理由」

まだまだ初心者の域である自作パソコン組み立てですが個人的に2021年上半期は「少し待つ」「今ではない」方が良いと思う理由を記載しました。

 

自作パソコンを組み立てて以降(下のリンクはその時の感想を羅列したもの)

販売された商品などを注目していました。バージョンアップを検討したりとしていましたがここ最近の状況などから今は自作PCは少し待った方が良い気がします。

その理由を少し記載したいと思います。

 

少し待った!その① パーツの価格面の高騰

まず挙げられるのは価格面の高騰です。

昨今の半導体不足気味なのはニュースでも取り上げられていますが、グラフィックボード(ビデオカード)や最近ではメモリや大容量HDD/SSDなどで高騰が見られます。

 

参考資料:2020年1月と6月の価格(自分が組み立てたパーツの価格になります。)

 

特にグラフィックボードに関しては致命的ですね、年末年始にかけてNVIDIA GeForceもAMD Radeonも新製品の販売がありました。そこに半導体不足、マイニングの再流行などで品薄状態になり、特にミドル領域のグラフィックボードが皆無、安価なタイプで一時期は1万5千円程度まで安くなっていた入門編領域のグラフィックボードも品薄状態であっても約1万円ほど価格上昇。10万円を越えてくるとさすがに見かけますが、よっぽどゲームに凝っていない場合は・・・、販売当初のグラフィックボードはただでさえ高価なのに価格が高止まりしている感じですね。

 

↓ ツクモ電機 グラフィックボード(ビデオカード)売り場へのリンク

↓ パソコン工房 グラフィックボード(ビデオカード)売り場へのリンク

icon icon

 

↓ ソフマップ グラフィックボード(ビデオカード)売り場へのリンク

icon

 

また半導体不足とマイニングとの影響か、最近はメモリも大容量のHDD/SSDも価格が上がり気味とのこと。

 

例えばCFD販売 Crucial (Micron製) デスクトップPC用メモリ PC4-25600(DDR4-3200) 8GBx2枚 「W4U3200CM-8G」というメモリですが・・・

この写真はアマゾンへのリンクです。

2021年5月末の時点では1万円をこえていますね。自分が購入したころは8千円前後でした。

 

価格の確認は例えば価格.comさんの価格推移などがわかりやすくて良いかと思います。特にグラフィックボードに関しては購入前に確認をおすすめしますね。

 

少し待った!その② 次世代CPUソケット

自作パソコンを作るにあたり少し調べた方ならわかると思いますが、CPUメーカーとしてはインテルとAMDの2社があると思います。

 

ここ数年は一気AMDが逆転したという風潮が強くなっていますね。もちろんインテルとAMDとメーカーが異なればそれを取り付けるマザーボードも異なります。またCPU世代によって、マザーボードにCPUを取り付けるソケット部分が異なる場合があります。

 

*写真はAMDのCPUとそのマザーボードのソケット部分です。

 

インテル社に関しては最新の第11世代と第10世代がLGA1200というソケット搭載のマザーボードシリーズ対応であり、次世代の第12世代CPUに関してはLGA1700というソケットに移行すると言われています。インテルはここ最近は2世代ごとにマザーボードソケットが変遷しているイメージがありますね。

 

AMD社ですが現在はAM4というソケットになっています、ここ数年インテルに逆転したと言われている世代のCPUはいずれもこのソケットシリーズであり、最新の5000番台のシリーズもこのソケットになります。ただし次世代のCPUに関してはAM5のソケットを採用され移行するという話があります。

 

インテル・AMD共に「次世代CPUには新ソケットの可能性有」ということ。この新世代のCPUは来年以降の販売かと思いますが、いま購入すると来年以降CPUの換装が気軽にできない(マザーボードも交換しなくてはならない)可能性があります。

長く使ってCPUの世代アップを考えている方にはちょっと待った!案件ですね。

ただソケットに関しては今の時点での未確認情報でもあるので各社の公式情報発表をご確認ください。

 

下の写真はアマゾンのCPU売り上げランキング(2021/5/31時点)1位2位の商品です。

 

*写真をクリックするとアマゾンに飛びます。

 

少し待った!買う前にBTOパソコンも見てみよう

自作パソコンの醍醐味はあれこれあります。

特にこだわりは無いのであれば、いわゆるBTOパソコンと呼ばれるPCを買うのもひとつの選択肢だと思います。

 

パソコンのパーツが高騰しているのでBTOでも高価な場合がありますが各社のパソコンを見てみてパーツごとに購入して自分で組み立てる(+その手間)と組み立てられた状態で納品されるBTO、さらには大手メーカーの製品など確認をしてみてくださいね。

 

自分はパソコン工房さんの組み立てキットがめちゃくちゃ安かったのでセットで購入しました。今はそのセットも高価傾向ですが状況次第では値下がりもあると思います。一度見てみてくださいね。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

大手メーカーさんはオリジナル部材を使っていることもあるので拡張性無いと思いますが、DELLさんは見ていて安いなと感じるPCが目に付くときがありますね。

デル株式会社

 

最後に

あれこれと記載しましたが、個人的にパソコンに対して思うのは「買いたい時が買い時」ということ。

パーツの新旧比較などしていると永遠に購入できなくなるぐらい毎年新しいパーツが販売されますね。大手さんのPCも年に何回か新しいのが発売されますしね。

 

自分は価格面を結構重視しているので今は見送り時だと思っています。ただ少し高価でも早くゲームをやりたいなどがあれば、それこそ「買いたい時が買い時」だと思います。

 

この記事がその一助になれば幸いです。

コメント